WFCの活動

※クラスや活動日が月により変更する場合もあります。
見学や参加についての詳細につきましては、お気軽に事務所までお問い合わせください。

friday_class_compressed

英会話クラス

毎週火曜日から土曜日まで、レベル別の英会話クラスがあります。
2時間の間、お茶の時間をはさんで、クラスを楽しみます。
本を読みながら学ぶクラス、様々な出来事をトピックにして自由に話し合うクラスなど、
クラス形態は様々です。。

授業料
大人:1回 2,000円、1ヶ月 6,000円
学生:1回 1,000円

月曜日 午後 4:30(月2~3回)
火曜日 午前10:30~12:30/午後1:30~3:30
水曜日 午前10:00~12:00/午後1:30~3:30
木曜日 午前10:30~12:30/午後1:30~3:30 リーディングクラス (第2と第4)
金曜日 午前10:00~12:00
土曜日 午前10:00~12:00(月1回)

クラス

翻訳グループ

WFC館長の指導のもとに、選んだ文献を日本語から英語に訳しています。WFCの翻訳グループは、15年間、原爆による悲惨な出来事などが書かれた様々な本を訳し、 重要な役割を果たしてきました。

翻訳した文献は、日本人の被爆者だけでなく、中国人、朝鮮人の被爆体験もあり、 日本の戦争における加害の立場の歴史も含まれています。 翻訳された資料は、オハイオ州にあるウィルミントン大学のピース・リソース・センターに送られます。 そこにある広島・長崎記念文庫は、日本以外では原爆に関する文献が最も多く集められていて、 私たちの翻訳した資料が追加されます。 WFCの創立者であるバーバラ・レイノルズがこの記念文庫を開設しました。

毎月 第2・第4金曜日 午前10:00~12:00

原爆の子の像

平和公園ガイドグループ

ガイドグループのメンバーは、月に一度集まり、原爆にまつわる事実や公園内の碑について勉強しています。

毎月 第1金曜日 午後13:30~15:30(8月を除く)

折り鶴

ピース・セミナー

ピース・セミナーは平和・反核問題・原発問題について日本語で学習します。

毎月 第4火曜日 午後13:30~15:30

ピースクワイアコラージュ

ピース・クワイア

声楽家の渡辺朝香さんが、ボランティアリーダーとして、クワイアを指導します。

日本語と英語で、季節の歌、平和の歌など、幅広い選曲で歌います。 月例会での練習のほかに、特別なイベントで歌声を披露します。

ピース・クワイアは、1997年9月に発足しました。 英語のクラスに来ている人だけでなく、歌の好きな人やWFCの活動をしている人が参加しています。原爆養護ホーム「むつみ園」で入居者の方に歌唱指導もしています。

毎月 第1木曜日 午後13:30~15:30

むつみ園訪問

原爆養護ホーム「むつみ園」の訪問

WFC館長とボランティアで広島原爆養護ホームむつみ園を訪問しています。
入居者のお年寄りと一緒に誕生日をお祝いし、親睦を深めます。

毎月 第3木曜日 午後14:00~15:00(8月を除く)

2003岡田恵美子さん

フレンドシップ・アフタヌーン

フレンドシップ・アフタヌーンでは、平和や異文化についての講演を聞いたり、平和や社会問題についての映画を観たり、様々な企画をしています。

毎月 第4土曜日 午後13:30~15:30
(8月・12月を除く)

アメリカPAX_堀江荘さん

平和交換使節 (PAX)

広島の平和使節と他国の平和のために活動している人たちとの間で一年おきに相互にホームステイをする交換プログラムです。 日本人メンバーが米国、韓国のいずれかを訪れ、それに対して次の年にそれらの国々の人たちが日本を訪れ、 核問題や原子爆弾の悲劇についての意見を交換し、ホームステイや互いの文化の学習を通じて強い友情の絆を構築します。

「世界平和は、人間が同じ人間として向き合って互いを知り友情を築くことから始まる」というバーバラ・レイノルズの信念からこのプログラムは生まれました。 人々が人間として向き合う機会を持たなければ、友情も文化交流も世界平和もありえないのです。

アメリカ東海岸から西海岸へと、WFC平和交換使節 (PAX)一行は広島長崎の平和メッセージを伝える旅をしました。小学生から年配者まで色々な年代の人たちと出会い、平和のために働き、よりよい世界を願うそうした人々と対話を重ねてきました。 旧知の友人達とは旧交を温め、多くの新たな友人の輪を広げ平和を語りあいました。 PAXに関しては、友愛最新号#155でご覧いただけます。

原爆ドーム

ピースキャンプ


日本・韓国・中国の若者たちが友達となり、思いや考えを共有するために行っているピースキャンプ。